Blog

新たな日本のスタンダードを目指して。

もう年末です…光陰矢の如しと言いますが、年々早く感じるのはなぜでしょうか?
こんにちは。マネージャーの中庭です。
実は本日、mom.entのサイトがリニューアル公開されましたー!
今回は今日のサイトリニューアルに至ったきっかけに触れて書いてみました。

mom.entが設立して、早1年と半年が経ちました。
皆、mom.entが掲げる自分らしい働き方を求めて集ったわけですが、実際のところ本当の意味でメンバー全員のベクトルを同じくするというのは、容易いことではなかったのです。「なかった」というか現在進行形で茨の道です…
多様な職種・環境・キャリア・常識・パーソナリティを持つ仲間が集まると、良い意味でも悪い意味でも摩擦が生まれますし、場合によっては摩擦すら発生しない可能性だってあります(→無関心。何も生まれないということ)。
会社が稼働し始めた当初、私はそういう部分についてまだまだ理解が至ってなかった上に経験も足りない中で、ただ「どうすればmom.entのビジョンを現実にできるのか」なんてことを、おこがましくも一人で悶々と考えていました。(未熟者が恥ずかしい限りです…)

そんな中、折に触れてメンバーそれぞれの口からそれぞれの言葉で「mom.entはこうあるべきでは?」「本当に私たちが目指すべき将来像はこうでは?」「働くママってガチでハードだし、全然パッと見はキラキラしてないですよね!?」などと、“私たちはこういう会社・社会を創りたい”“働きながら子を育てるという現実をきちんと知って”という想いを伝えてくれたのです。
それを受けて、会社として今後クリエイティブワークをしていく上でも、そもそも大きな社会課題にアプローチしようしているmom.entのビジョンを踏まえても、中にいる等身大の私たちが、きちんと自分たちの価値や目指すべき姿について共通の理解と認識の擦り合わせをすることが、スタートアップを任されたマネージャーとして一番最初にすべきことだったと気付かされたのです。

それからは、私と三上、新井が推進する形で、代表の千布から渡された社会課題解決の種を実らせるにはどうするべきかを、毎週意見をぶつけながら、一つ一つ、自分たちが想うmom.entを創り続けています。

 

そして、この度ようやくサイトリニューアルというカタチであらためて私たちmom.entをお披露目させていただきます!

 

今回、コーポレートカラーとした“プルシアンブルー”は、江戸時代に浮世絵に革新をもたらした顔料とされます。当時は斬新で革命的だったその色が、今では「北斎ブルー」「ジャパンブルー」などと呼ばれ、すっかり日本のスタンダードとして定着しました。

「母親だけのデザイン会社」、それは現在にとってはまだまだ革新的なことかもしれません。
でもそれが近い将来、新たな日本のスタンダードになることを目指して…

 

 

mom.ent マネージャー 中庭未保

 

***

 

今週末開催のmom.ent主催イベントも、まだお席若干の空きがあります!

一人でも多くの方にお会いできるのを楽しみにしています!
https://work-re-2nd.peatix.com/view