Blog

水の表現

あっという間に夏が終わりそう!
そして年末だ!と近頃そればっかりな大宮です。

この夏は暑かったですね。
素麺、かき氷、プール、そしてビール!と
とにかく冷たいもので暑さをしのぎました。

突然ですが、これらは全て水が関わっています。
(とっても唐突ですみません、笑)
「水」には少々想い入れがありまして、、。

私が高校2年、美大夏期講習。
初めての平面構成で「水」を表現し、
まあそれなりに表現できたつもりでした。

しかしながら、
講評で「水の中の気泡は水圧等でこんなに丸くはならない」と。
(描いた気泡が全てほぼ正円)

たしかに!!

もうそれは
目からウロコ!というか
ハンマーで殴られたような衝撃で。
というか、これまで何を見て、何を感じて、何をしてきたのか
当時思春期な私には相当な衝撃が走ったのです。

もっと観察しなければ!もっと知識を蓄えねば!

と猛烈な想いに駆られたわけです。
(グラフィックデザイナーになったきっかけの最初の芽はここからかも。)

そして最近のお仕事で
「水」をビジュアルに表現することが多く、
水に触れると、ふと観察してしまうんです。
(デザイナーあるあるですよね)

自然な波の形、自然な水滴の形、自然な気泡の出方

水に限らず自然界にできたものは
決まった形がないので、観察の甲斐がある、というか終わりが、、、

ハナシは戻って
素麺、かき氷、プール、そしてビール!
夏は水の観察に適してますねー!笑

最近、子どもが「雲さんはどこいくのー」というので
雲?雲って水。観察しなくっちゃ。と
また観察物の増えた大宮でした!

↑撮影での水遊び(いつもカメラマンさんに無理難題をいう大宮です)