WORK-RE PARTY vol.2 @シブニラウンジ

『ワーママってツラくて大変そう。私もあんなに頑張れるのかな…』
その不安の正体を知り、自分らしい人生のつくりかたを考える。
「WORK-RE PARTY」第2弾!

 

「自分の仕事に誇りを持っている。いつか子どもができても続けたい!だけど…」
身近なワーママを見たり世の中のワーママ情報に触れるたび、
「私はママになった時、あんなに頑張れるのかな。」そう不安に思うことはありませんか?

その“漠然とした不安”の正体を知り、あなた自身が“デザインしたい人生”の未来像を考えてみませんか。
働く人が親になることは、決して、制限やハンディキャップではないのです。

全員ママのクリエイティブパーティー mom.ent による「WORK-RE PARTY vol.2」では “未来のママたち” とともに、“受け身ではなく、主体的に切り拓く人生のありかた”について考えてみたいと思います。

▼このような方、ぜひご参加ください
・未来のママ&パパワーカー(クリエイティブ業界に限らずどなたでもOK)
・現役ママ&パパワーカー(クリエイティブ業界に限らずどなたでもOK)
・企業内での働きかた改革推進関係者(管理職、人事部門等)
・クリエイティブ界におけるこれからの働き方に興味関心のある方

▼開催概要
◆イベント名:WORK-RE PARTY vol.2
◆実施日程 :2018年12月9日(日) 12:00〜15:00 受付開始11:30
◆実施会場 :シブニラウンジ(http://tranceworks.jp/shibu2lounge
東京都渋谷区渋谷2丁目2-17 TranceWORKS青山ビル 2F
◆アクセス :各線渋谷駅から徒歩10分、東京メトロ表参道駅から徒歩8分
◆参加費  :¥3,000/人(会場費として、当日現金払い。)※ソフトドリンクをご用意します。
◆定員   :30名
◆主催   :モーメント株式会社(https://moment.city/

* 事前予約制。イベントページ(https://work-re-2nd.peatix.com/)よりご予約をお願いします。

 

 

▼プログラム:「ワーママの“大変そう”の正体を学ぶ」2トークと、「自分の本当の課題」を見つけるワーク。
*第1部:インスピレーショントーク「“ワーママって大変そう…”その正体を掴む。(仮)」
猪熊 真理子氏(OMOYA Inc. 代表取締役社長/女子未来大学ファウンダー)
“仕事と家庭の両立にクタクタ…”“いつでも時間がなくイライラ…”“自分の育児に自信が持てずモヤモヤ…”
メディア等でそんな風に描かれているワーママを見たことはありませんか?
育児中も自分らしさを失わず、主体的に“CREATE MY LIFE”を続けていくために知っておいてほしいこと。

 

*第2部:トークセッション「「現役ママトーク:ワーママのありがち悩みへの対処法を考える(仮)」
猪熊 真理子氏(OMOYA Inc. 代表取締役社長/女子未来大学ファウンダー)
中庭 未保(mom.ent株式会社 マネージャー)
大宮 芳美(mom.ent株式会社 アートディレクター)
育児をしながらクリエイティブな仕事に挑戦し続けているmom.entメンバーも登壇してのトークセッション。
乳幼児期から思春期まで、働く親としてぶつかる無数の悩みへの向き合い方を語ります。

 

*第3部:ワーク「アート思考で見つける、なりたい自分に近づくための本当の課題(仮)」
猪熊 真理子氏(OMOYA Inc. 代表取締役社長/女子未来大学ファウンダー)
新井 麻亜沙(mom.ent株式会社 プランナー)
「ありたい未来」から“今”と“これから”を見つめ直すワークを通じて、
自分だけの課題を発見し、自分だけの人生をデザインしていくためのワーク。

 

▼登壇者プロフィール
■第1部:猪熊 真理子氏
OMOYA Inc. 代表取締役社長 / 女子未来大学ファウンダー
一般社団法人at Will Work理事、トレンダーズ株式会社 社外取締役

 

 

 

 

 

 

 

2007年(株)リクルート入社。
「ゼクシィ」「Hot Pepper Beauty」などの
事業戦略、ブランドプロモーション戦略、マーケティングなどに携わる。
会社員の傍ら「女性が豊かに自由に生きていくこと」をコンセプトに、講演やイベント、
セミナーなどで女性支援活動を行い、高校生から70代まで延べ4,000人以上の女性と出逢う。
2014年2月リクルート退職、3月株式会社OMOYA設立。
主に女性消費を得意とした経営・ブランドコンサルティングや企画マーケティング、
組織のダイバーシティマネジメント改革、企業内の女性活躍推進などを行う。
社会人女性の学びの場「女子未来大学」ファウンダー。
多様な価値観の多様な幸せを女性たちが歩めるような未来を目指し、
女性のキャリアや心理的な支援活動などを行っている。
著書『「私らしさ」のつくりかた(サンクチュアリ出版)。

 

■第2部:中庭 未保(mom.ent株式会社 マネージャー)

 

 

 

 

 

 

 

外食事業会社にて広報、マーケティング、営業企画を経験。
同社在籍中にウェブに興味を持ち、専門学校へ通う。
その後、出産を経て、ウェブ制作会社の営業に転身。
より広範なクリエイティブ領域でのキャリア形成を図るも、子育て期の時間的制約が障壁に。
クリエイティブ業界でのキャリアを一旦断念し、不動産業界にてアセットマネジメントに従事。
mom.entでは自身の経験をバネに、マネジメント業務に注力している。

 

■第2部:大宮 芳美(mom.ent株式会社アートディレクター)

 

 

 

 

 

 

 

 

■第3部:新井 麻亜沙(mom.ent株式会社 プランナー)

 

 

 

 

 

 

 

武蔵野美術大学 空間演出デザイン学科卒業。
イベント制作会社時代はプランナーとして、各種イベントの企画に携わる。
妊娠中から悪意のないマミートラックにはまってしまい、
仕事のやりがいや自己実現を諦められず転職を決意し、mom.entにジョイン。
ユニークな働き方を通じた人生の広がりに関心を持ち、
今年からものづくり系ベンチャー企業とのダブルワークに挑戦中。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です