mom.ent主催イベント「WORK-RE PARTY(ワークリパーティ)」について語ってみる。

こんにちは。mom.entプランナーの新井です。

 

12月9日(日)の開催に向けて現在準備を進めているイベント

「WORK-RE PARTY(ワークリパーティ)vol.2 @シブニラウンジ」について、書きたいなと思います。

 

このところメンバーのブログの最後でも告知を続けていたので、このブログを読んでくれている方はもうご存知かもしれません。

でも、改めて。

 

我々mom.entは、「全員ママ」という強烈な個性のあるクリエイティブ会社です。

「ママとして、クリエイターとして、どんな生き方が自分らしいんだろう。」

私たちもまだまだ答えは出ていないし、世の中にはこの問いにぶつかってもがいているワーママも大勢いるはず。

そんなまだ見ぬ仲間たちとつながり、”自分らしい生き方”についてともに考えたい。

そして、育児と仕事の両立は本当に制約なのかを問い直したい。

 

そんな気持ちで、

”クリエイターがママになっても、自分らしい選択を楽しめる人生”のヒントを見つけるイベントとして

「WORK-RE PARTY」の企画はスタートしました。

 

第1回ではクリエイティブディレクターの長濱 孝広さんをメインゲストにお迎えし、

長濱さんが独自に構築した「人生を進化させ、産み出し続けるメカニズム」をご披露いただきました。

※イベントレポートはこちら

※第1部全文はこちら

 

正直なことを言うと、私自身、長濱さんのこのメカニズムをお聞きするまで自分を”制約人材”だと思い込んでいました。

それがひっくり返ったのです。あっけなく、くるっと。

 

そして第2部は、自分らしく働き続ける3人の現役ママによるトークセッション。

※第2部全文はこちら

親になったことで広がった視野を仕事にも柔軟に取り入れているそれぞれの姿に、とても勇気付けられました。

 

共感できる生き方・言葉・体験談に出会うことは、自分の人生を見つめ直す大きなヒントになります。

パラダイムシフトと呼べるほどの価値観の変化って、共感する誰かに出会うことで起きるらしいのです。

このイベントが誰かにとってそういう機会になったらいいなと願って、今回も準備を進めています。

 

というわけで第2回となる今回のテーマは

『ワーママってツラくて大変そう。私もあんなに頑張れるのかな…』

その不安の正体を知り、自分らしい人生のつくりかたを考える。

 

猪熊真理子さん(OMOYA Inc. 代表取締役社長/女子未来大学ファウンダー)をゲストにお迎えし、

「働くママ&パパ」としての未来や現在についてともに学び、考えてみたいと思います。

 

お友達と、同僚と、パートナーと、ぜひどうぞ。

飲食持込み出来ます。1階カフェのランチを食べながらの参加もOK。

 

イベント情報詳細についてはこちらからどうぞ。

https://work-re-2nd.peatix.com/

12月9日(日)12時、表参道にあるシブニラウンジでお待ちしています!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です