こんにちは!mom.entです。 〜ご縁と覚悟と楽しむ勇気〜

初めましてこんにちは!

mom.ent株式会社 マネージャーの中庭です。(←“ナカニワ”と読みます!)

きっと、

「ん?mom.entて何?」

という方が多いかと思いますので、今回の記事では、

・mom.entて何の会社?

・mom.entはなぜ設立された?

この部分について書いていこうと思います。

それと合わせて…

誠悦ながら私ナカニワについてもチョコっと挟みつついきたいと思います!!

 

そして、もっとmom.entを知ってほしい!と願う私たちmom.entメンバーで、不定期ですが

この場で色々とお話していきたいと思っています!

 

****

 

【mom.entという会社について】

簡単にいうと、クリエイティブ会社です。

CI・VI開発、エディトリアル、チラシなどのグラフィック領域、サイト制作などのweb領域など、

いわゆるデザイン制作会社です。

ただ、私たちのオリジナリティは【社員全員がママクリエイターである】ということです。

クリエイティブ業界で、時間に制約ができてしまうライフステージにいる人材だけで会社を構成しているというのは、

かなりハードロックな会社だと自負しています(笑)

クリエイティブ業界が長い方にお会いするとたいてい…

「めちゃめちゃ振り切ってますね!やばいっす!」みたいなお褒め(?)のお言葉をいただいております!

 

働き方改革とか、女性活躍だとか、そんなワードが多く聞かれるようになって久しい今日にありながらも、

まだまだ現場レベルでは実感のない人、改善するにもどう進めて行くか迷っているという企業担当者様も

多くいらっしゃることと思います。そんな現状、とりわけ長時間労働・残業が発生しがちなクリエイティブ

業界から、私たちmom.entが一石を投じよう!自分達で、自分達の働きやすい社会を作っていこう!という

ある種パイオニア精神のような心持ちで日々奮闘している現実です。

 

そもそものクリエイティブ会社としての私たちmom.enの強みは、まさに、

“女性であり、社会人であり、妻であり、母である” (←人によってはここに入るキーワード数は増減するでしょう)

というマルチタスク(様々な視野)を抱えて生きているバラエティ豊かな女性たちが、

“女性ならではの感性と、これまで積み重ねてきたキャリアが裏付ける確かなスキル”

によって生み出されるということです。

 

言葉で書き連ねてもなかなか伝わらない部分もありますので「mom.entって面白そう」と一瞬でも頭をよぎった方!

お仕事のご相談お待ちしています!!!

 

 

【mom.ent設立に至るまで】

2017年2月某日、前職で不動産会社の営業をしていた私の携帯が鳴りました。

着信相手は弊社代表の千布です。

「中庭さん?お久しぶりです。最近調子はどうですか?お仕事のお話したいのでランチでもどうですか?」

この電話が、私にとってのmom.entスタートの瞬間でした。

翌3月に、グループ企業のAMDがある代官山にて代表と久しぶりに再会しました。

久しぶりの再会というのも、実は私web制作会社に勤めていた8年ほど前にクリエイティブ業界での転職を

希望していた中、AMDの面接を受けたことがありまして代表とはその時に一度会っていたのです。

(ここ掘り下げると話の本筋から外れちゃうので、またの機会に書きますね)

代表とのランチの席で、

優秀なデザイナー達が、結婚や出産を機に働き続けることを諦めて会社を辞めて行ったり、デザイナーという

キャリアを諦めてしまうケースを多々見てきました。この現実はナンセンスで、取り組むべき社会課題だと思っているんです。

そこで、僕はママ達だけのクリエイティブ会社を作ろうと思う。よかったらマネジメントして参加してみません?」

という誘いを受けたのです。

「え?マジで?どういうこと!このタイミング!何言ってんのこの人!!」

こんな想いが私の頭を巡りました。なぜなら、その当時ずっとずっと私自身が、自分らしいってなに?何をして自分が

どう選択をしたら、私自身が腹落ちする人生を過ごせるんだろう?なんてことを考えていた時期だったので、

そんなモヤモヤの中ただ漠然と、しかしどこか確信的に、

「いつか、自分も含めてやりたい事をやりたいと感じた時に迷いなく取り組める場を作りたい」

なんて構想していた私には、まさかの代表の言葉に驚きを通り越して、鳥肌が立つような“強い縁”を感じた瞬間だったのです。

そこからの私の思考は、いかに自分が理想と思う会社(場所)をつくっていくべきか?ということに集中していくわけですが、

ここについてはまた別の機会にボヤかせてもらいたいな、と思っています。

 

代表からの誘いにふたつ返事で、私はAMDグループに参画し6月には法人登記が完了したmom.ent。

その後はオフィスを探すのに何社もの不動産会社と情報交換したり、採用と会社案内のリリースを兼ねたイベントの計画に準備、

合間に採用面接と、毎日が嵐のように過ぎ去っていきました。

 

そんな中で巡り合ったのが、

強い信念とクリエイティブの未来を考え今を創造する力を持つ、ADの三上。

一見フワフワした雰囲気で優しげなのに、内に秘めた熱い闘志が溢れ出る、AD大宮。

細部にまでとことん美しい仕上がりにこだわる、webデザイナーの溝井。

どんなにダメ出しされようとも最後まで食らいつき、やり抜く強さをもつ、コーダーの衛守。

誰よりも負けず嫌いで、誰よりもノビシロを秘めたmom.entの末っ子、デザイナーの森崎。

根が真面目で論理的思考を持ちつつ、たまにビックリするほど後ろ向き発言しちゃう可愛げキャラ、プランナーの新井。

いつも周りの様子に気を配り、必要なところに手を差し伸べてくれる、webデザイナーの五十嵐。

以上の7名です。

 

mom.entという会社は“働く姿勢”“働き方”そのものを、社会に対して発信していくために誕生しました。

メンバーと一年以上、mom.entという場所を創ってきました。

まだまだ日々手探りな私たちです。ですが、mom.entに対して自らが課した使命を全うすべく、昨日より今日、

今日より明日が「これが私の生き方だ」と一人一人が確信を深められ、そういうメンバーが社会に対して小さくても

変化や気づきを与えていける存在になるよう、mom.entを成長させて行こうと覚悟しています!

 

最後に…

この世は、ご縁と強い想い、そして自分が選んだことへの覚悟さえあればなかなか楽しめる世界だと思います。

私は、素晴らしいご縁で今mom.entにいること、そしてメンバーとの巡り合わせに感謝します。

そして「誰しもがやりたいと感じた時に迷いなくやりたい事ができる社会創り」をmom.entを通して全うする覚悟と、

その日々の奮闘を勇気を持って楽しんでいきたいと思っています!

 

読んでいただきましたみなさま!

mom.entをよろしくお願いいたします!!!

 

mom.ent マネージャー 中庭未保

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です